忍者ブログ

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール

HN:
山野にわとり(管理人)
性別:
女性
職業:
おもにアシスタント
趣味:
特撮・洋楽・人間椅子

忍者カウンター

P R

げんこうのできるまで③

すっかり秋らしくなりました。
もうホントに秋でいいんですよね?またぞろ騙されてませんよね?(誰に)

おはようございますアトリエ高階の山野にわとりです。


さて「げんこうのできるまで」連載企画も最終回になります。作画始まると早いですね。

そのうち、作画以前の高階先生の頭脳労働の跡などもアップしてみましょうか。
生々しくて良いかも。


最終回は仕上げの段階です。
ここからはほとんど不肖にわとりが担当しております。

いろんなスクリーントーンを貼っていきます。
まずは、この画面ですと男性キャラにアミをかけまして、削っていきます。

このキャラクターは人ならぬものなので、幽霊っぽさを出すためにこういう効果にするのですが、線の上以外を削り取ってしまうので、なかなか時間のかかる作業です。
自分的には好きな作業ですが、急ぐ時には難儀ですね。



トーンもったいないとも言います(笑)。

ちなみに自分は普通のカッターでやります。とても刃の消耗が激しく、しょっちゅうペキペキ折りながら進めます。

出来ました↓



ここに、女の子の服の柄、髪の毛にアミ、4コマ目の効果、5コマ目の背景とトーンをいれます。

服の柄は当アトリエのオリジナルのひとつ。
柄だけでも200近くオリジナルがありまして、管理が大変です。

4コマ目のベタから少しボカすトーン、これもオリジナルかな。

そして5コマ目の背景は、上の画像ですと先生の「かすみ~ナントカ」と指示が残っていますが、背景にフワッとした茂みや枝など配置するということなんですね。

これもオリジナルトーンが多数作ってあるのですが、長い年月の間にどんどん増えまして、何十種類(…もっとかな…数えたことなかった)もあります。

そのなかからにわとりが状況にあわせて使用する訳ですね。

 

出来ました‼️

これでこのページは完成と言っていいでしょう。
あ、あと吹き出しのセリフを清書しておきたいですね、作業中に汚れたり一部消えたりしていますから。

編集部へ送る前には、スキャンしてデータを残しておくのもこの時代大切です。

……………今よく見たら、トーンの削り残しを見つけてしまいました………今さら………(´;ω;`)


見なかったことにしよう‼️



以上、今どきフルアナログのげんこうのできるまででした!

拍手[5回]

PR

Comments

Comment Form