忍者ブログ

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
山野にわとり(管理人)
性別:
女性
職業:
おもにアシスタント
趣味:
特撮・洋楽・人間椅子

忍者カウンター

P R

70年目の告白 連載開始

こんにちはアトリエ高階の山野にわとりです。

九州はじめ各地で大雨の被害が相次いでいるようですが、皆様におかれましてはご無事でいらっしゃいますでしょうか。

大雨の地域ではなにとぞお気を付けください。
ご安全にお過ごしくださいますように。


さて、千葉銚子の現場はまあ問題なくミッションコンプリートいたしました。
連載第二回目の原稿を早めにアップしまして、また8月に現場入りの予定です。

そしてようやく『70年目の告白〜毒とペン〜』の連載第1回がミステリーボニータ8月号に掲載されました。

7月6日発売 ミステリーボニータ8月号(秋田書店)



入稿時のカラー表紙をこちらにアップできなかったので、刷りだしの写真で申し訳ないんですがアップしておきますね。


ああ、こんなに大きく『引退作』なんて入れちゃって……(;^_^A

重ねてお知らせしておきますが、先生別に引退するって断言したわけじゃないんです。
ちょっと担当さんのヤマっ気が強かったようで……。

あと、この連載結構長くなりそうで、「終わったころにはどうなるかわからないし」とは確かに先生言っておられましたがね。


……そこかしこに入った担当編集さんのあおり文句がまた、いちいち凄くて……高階先生も『ひぃ』ってなってました。


ともあれ高階先生の渾身の自伝的作品、よろしかったらぜひご覧くださいませ。

拍手[6回]

PR

自伝コミック第一話アップ

緊急事態宣言も解除になりまして、ようやく先が見えてきましたね。
皆様お疲れさまですアトリエ高階の山野にわとりです。

にわとりは夏に備えてエアコンを購入するという生まれて初めての大仕事をすませ、すっかり油断していたらブログ更新を忘れて慌てております。


さて現場では、とりあえず高階良子自伝コミックの第一話がアップいたしました。
(正式タイトルをまだ聞いていないという…自分は勝手に『70年目(仮)』と呼んでいますが)

第一話 カラー扉付き 40P
7月6日発売ミステリーボニータ8月号掲載になります!

どうぞよろしくお願い致します。


仕上げ前はこんな感じです↓



第一話ということは第二話もあるということで…。

第二話は8月6日発売9月号に掲載の予定であります。
現状、5話くらいまで続く予定らしいので、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

拍手[14回]

展示のお知らせ

涼しくなってまいりましたが、また台風来るんですね。
前回の被害もまだ生々しい千葉のほうは大丈夫でしょうか。何事もありませんように。

さて、東京の弥生美術館にて『創刊65周年記念なかよし展~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆~』が開催されております!

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html


うん、チラシ的にはいかにもなかよし的な絵柄ですね!高階先生の絵だとカラーが違いすぎましたかね。

高階良子先生の展示は
「地獄でメスがひかる」「血まみれ観音」「ドクターGの島」の
カラーと二色、モノクロの原画展示になります。

下記のスケジュールで展示の入れ替えがあるようです(作品のみ入れ替えるそうです)。
つまり3回来いってことですね!( ´∀` )

前期 10月4日(金)~10月27日(日)

中期 10月29日(火)~11月24日(日)

後期 11月26日(火)~12月25日(水)


クリスマスまでの長めの開催ですので、よろしかったらお越しくださいませ!

ちなみに先生はレセプション行ってこられたとのこと。やだなあ呼んでくださればいいのに。
にわとりはうっかりしてまだ行ってません。
早くいかなきゃ。



ミステリーボニータ
表紙より。掲載号未詳。

季節的にはあってますよね。

拍手[9回]

展示のお知らせです❗

こんにちわアトリエ高階の山野にわとりです。

先週は原稿が迷子になり焦りましたが、大捜索の結果無事見つかりました❗

「地獄でメスがひかる」のヒロインがみずからの死体を切り刻むという鬼気迫るシーン。

いちばん大事なとこじゃん❗お願いしますよマジで❗

まあ、見つかってよかったです。ご心配かけましてすいません。


えー、という訳で無事学芸員さんにお渡し出来ました。

なるほどなーと思ったのが、学芸員さんと若い編集さんが喜んでくれたのが二色ページだったこと。

今はあるのかな二色…。
昔はよくありましたね、赤系のみで着色した二色ページ。

あれは単行本だと再現されませんからね。今でいうグレー原稿みたいになるわけで。
雑誌掲載時以外、読者の目に触れることが少ないという、案外レア物です。

どうかすると昔は、二色のページはコミックス収録の際に『モノクロでかきなおす』なんてことまでしてたんですよ❗

デジタルじゃありませんよ⁉️アナログでです‼️
((((;゜Д゜)))


まあ、そんな業界裏話をしてたんですが、高階先生の思わぬ自負を伺いました。

「カラーは駄目だけど、二色は少し自信あるの。じつは二色おすすめ」

カラー駄目って何いってんですか先生❗

でもそれ初めて聞きました。そういや自分がお手伝いさして頂く頃には、すでに二色の原稿ってほとんどなかったからやってないや…。

確かに先生の二色は、作風に合っているのか大迫力なんですよねえ。


という訳で、そんな先生の二色原稿が見られるのはこの催しです❗

『創刊65周年記念「なかよし」展~乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆』
弥生美術館にて  10月4日~12月25日

http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/next.html

東大のすぐ近くの美術館です。
竹久夢二美術館と隣り合っていて、入館料払うとどっちも見られるそうですよ❗

展示される高階良子作品は、「地獄でメスがひかる」「血まみれ観音」「ドクターGの島」からモノクロ、カラー、二色それぞれ数点ずつです。

期間途中で作品を入れ換えるとのことなので、どの作品がいつ展示されるかは分からないのですが。

よかったらお越し下さい。
やはり生は迫力違いますよ❗



91年ミステリーボニータ19号表紙より

拍手[6回]

明日更新

お早うございますアトリエ高階の山野にわとりです。
締め切り前につき、水曜更新は明日にさせていただきます❗あとちょっとなんです❗

告知まで。

拍手[0回]