忍者ブログ

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
山野にわとり(管理人)
性別:
女性
職業:
おもにアシスタント
趣味:
特撮・洋楽・人間椅子

忍者カウンター

P R

ヤバい

すみません更新遅れました。
アトリエ高階の山野にわとりです。(^_^;)

更新し損なった上に、出先なので画像データがない。あわあわ。

申し訳ありませんがにわとりのとった写真でお茶を濁させていただきます。ひらに。

↓ 朝焼けです。早起きしたらすごい風景。

いかにも何事か起きそうですが、特に何もない平和な日でした。

拍手[6回]

PR

貸し本時代

おはこんばんちは、アトリエ高階の山野にわとりです。

本日は雑用で現場入りしております。

雑用というのは例えばこれ↓。



1967年発表『すきとおった世界』の1ページです。
このころは「なかよし」「希望の友」といった雑誌の他に、若木書房という貸本屋さんのお仕事もしていた時代なのです。

貸し本スタイルというのは、いわゆる雑誌掲載とはだいぶ趣が違ったようでして(自分はさすがに直接は知りませんが)。

まず、ほぼ書下ろしスタイルであること。したがってページ数が100以上なのが普通ですね。

そして、当時はほぼトーンは使いません。アミっぽいところは、原稿に指定しておくと版下のほうでアミっぽくしてくれるというシステムです。

上の画像をよく見ると、ところどころ青くしてありますね。これが指定なわけです。

印刷の工程を経るとこうなります(すきとおった世界の掲載本が見つからなかったので別作品ですが)

このアミっぽい部分は版下での作業なんですね。
アミと言ってもいわゆる60番台ではないですね、この濃度は。
80とか81とかみたいな印象です。

あと、よく見るとトーン貼りとは違って雑です。だいぶ雑です。仕方ないんでしょうが。

昔々、石ノ森先生のサイボーグ009の初期もこういうアミ指定だった気がします。ものすごいざっくりしたアミでしたっけ。

雑誌でもやっていたのでしょうね。


でですね、現在高階原稿全データ化にいそしんでいるのですが、この時代の指定のみ残っている原稿をどうするか、ということです。

原稿には指定しか残ってないですからね。さすがにこのままではまっしろで寂しすぎます。

というわけで、雑用のひとつは原稿のデータ化及び、デジタルでアミ追加その他もろもろといったところですね。誤植も何とかしたいし。

あっ、まだ返ってきてない原稿のリスト作成もしなきゃ。いそがしいいそがしい。

拍手[9回]

原稿メンテ

こんにちわアトリエ高階の山野にわとりです。

秋晴れ続きから一転、なんかうっとうしい天気になっておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、短期で銚子の現場に来ております。

原稿のメンテナンスが追い付かないもんで、追加でお仕事します。

原稿のメンテというのは↓こういうやつ。



画像を見ていただけるとわかると思うのですが、背景の切り貼りが割と発生します。
これもデジタルなら問題ないんですが…。

アトリエ高階では、長らく貼るのに「裏から紙テープ+両面テープを工夫したものでカバー貼り」、ということをしてきました。

当座はそれでよかったんですが、十年二十年してきますと事態は深刻に。
紙テープが変色して、油っぽい成分が表に染み出してきたのです。

それが右のような状態ですね。

それに気づいて、もう十年くらいは裏からスコッチテープのみ、というやり方に変更してきたのですが。
前に処理した原稿については、もう裏のテープを慎重にはがして、スコッチテープで補修するしかありません。

表にしみちゃった黄色は正直お手上げ。
これ以上悪くしないための最低限の処置ですが仕方ありません。

セロテープもダメ、マスキングテープもペーパーセメントも経年劣化は最悪です。

現状、紙原稿に貼っていいのはスコッチテープだけじゃないかと思います…。
(一応二十年くらいは大丈夫そうでした…経験上)


30年経ったらどうかまでは保証できませんが…。


拍手[7回]

原稿捜索

こんばんわアトリエ高階の山野にわとりです。

今日は銚子の現場に来ています。
貸し出し用の原稿を整えるというお仕事です。

大体必要なものは見つかったか…と思いきや、大事な1ページが抜けておる❗
なにしてくれてんの‼️

「地獄でメスがひかる」から迷子になった1ページ、果たしてこの宝の山の中から見つかるでしょうか。

⏬先日返却された宝の山


こんなお宝はたくさん出てくるのですが。⏬


れから大捜索です。

拍手[11回]

時々骨董品が出てきます

寒の戻りが凄いですね。にわとりの自宅ではなんと雪が降ってきました❗
アトリエ高階は温暖なので、降っているかどうか。

さて、高階先生は、デビュー五十周年を済ませております。
気が遠くなります。

それに加えて、断捨離みたいなことを一切しないタイプなので、時おり骨董品が発掘されることがあります。

⬇️のものが一例。
大昔の、ゼブラのサジペンの袋(笑)。
推定五十年前のものです。
さすがに処分しましたが、記念にパチリ。
昔の画材関係は、趣ありますよねー。

拍手[1回]