忍者ブログ

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
山野にわとり(管理人)
性別:
女性
職業:
おもにアシスタント
趣味:
特撮・洋楽・人間椅子

忍者カウンター

P R

疫病退散!

みなさまおはこんばんちは、アトリエ高階の山野にわとりです。

世間いや世界は新しい疫病にざわついておりますが、個々人としてはうがい手洗い励行の上、通常運転で頑張りたいものです。

でも持病のある方、高齢者は何卒ご注意くださいね。元気な人は移さないよう配慮です!


↓タイトルがちょっと攻撃的ですが、とても分かりやすいブログでしたのでお勧めします!

『COVID-19をめぐるテレビ出演医師らの虚言を暴く』
https://minerva-clinic.or.jp/blog/king-of-fake-lie-of-the-medical-doctors-on-air/




さて、本日の一枚は『魔獣封印』。





『魔獣封印』2000年(平成12年) 80P  
比較的新しい作品になります。あくまで比較的ですが。

誤って解かれた封印、そこから現れたモノとは…。

使い魔が素敵なのと、ちょっとセクシーな表現があって思い出深い作品です。
ゴア表現も多めですが、恋愛要素も強いです。

作画的にはちょっと大変でした( ´∀` )

拍手[6回]

PR

ヤバい

すみません更新遅れました。
アトリエ高階の山野にわとりです。(^_^;)

更新し損なった上に、出先なので画像データがない。あわあわ。

申し訳ありませんがにわとりのとった写真でお茶を濁させていただきます。ひらに。

↓ 朝焼けです。早起きしたらすごい風景。

いかにも何事か起きそうですが、特に何もない平和な日でした。

拍手[6回]

貸し本時代

おはこんばんちは、アトリエ高階の山野にわとりです。

本日は雑用で現場入りしております。

雑用というのは例えばこれ↓。



1967年発表『すきとおった世界』の1ページです。
このころは「なかよし」「希望の友」といった雑誌の他に、若木書房という貸本屋さんのお仕事もしていた時代なのです。

貸し本スタイルというのは、いわゆる雑誌掲載とはだいぶ趣が違ったようでして(自分はさすがに直接は知りませんが)。

まず、ほぼ書下ろしスタイルであること。したがってページ数が100以上なのが普通ですね。

そして、当時はほぼトーンは使いません。アミっぽいところは、原稿に指定しておくと版下のほうでアミっぽくしてくれるというシステムです。

上の画像をよく見ると、ところどころ青くしてありますね。これが指定なわけです。

印刷の工程を経るとこうなります(すきとおった世界の掲載本が見つからなかったので別作品ですが)

このアミっぽい部分は版下での作業なんですね。
アミと言ってもいわゆる60番台ではないですね、この濃度は。
80とか81とかみたいな印象です。

あと、よく見るとトーン貼りとは違って雑です。だいぶ雑です。仕方ないんでしょうが。

昔々、石ノ森先生のサイボーグ009の初期もこういうアミ指定だった気がします。ものすごいざっくりしたアミでしたっけ。

雑誌でもやっていたのでしょうね。


でですね、現在高階原稿全データ化にいそしんでいるのですが、この時代の指定のみ残っている原稿をどうするか、ということです。

原稿には指定しか残ってないですからね。さすがにこのままではまっしろで寂しすぎます。

というわけで、雑用のひとつは原稿のデータ化及び、デジタルでアミ追加その他もろもろといったところですね。誤植も何とかしたいし。

あっ、まだ返ってきてない原稿のリスト作成もしなきゃ。いそがしいいそがしい。

拍手[9回]

さつじんじけん!

サーバー障害があった関係で、ついこないだ更新したばっかりなのにもう水曜日なんですね!

皆さま手洗ってますか!にわとりは無精者なので頑張らないとすぐ忘れます。いかんいかん。
アトリエ高階の山野にわとりです。

疫病禍が早く収束しますように。

さて本日は『殺人事件シリーズ』です。

1979年に「ピアノソナタ殺人事件」が発表されてから、断続的に発表された『殺人事件シリーズ』。これは『交換日記殺人事件』のイラストです。(クリックすると別窓で拡大)




『交換日記殺人事件』1981年(昭和56年)なかよしDX掲載 126P 前中後編

とてもストレートなシリーズ名ですが、当時は正面から殺人事件ものを扱った少女漫画作品は少なかったようなので、こういう風に呼ばれるようになりました。

今のように殺人事件ものがあふれる時代から考えると、なんだか不思議ですよね。




拍手[6回]

すっかり遅れてしまった…

みなさまパンデミック阻止のため、手洗い励行の冬でございますよ!
何卒ご自愛のほどを。

こんにちはアトリエ高階の山野にわとりです。

毎週水曜更新に努めておりますが、このたびブログ運営のほうで結構大規模なトラブルがあったようで、この数日更新できずにおりました。

来てくださった方にはご迷惑をおかけいたしました!

いやー復旧に時間かかったな…。怖いなネット空間…。


さて今回は『魔性の祭壇』のカラーイラストをご紹介。(クリックで拡大します)



「赤い妖星」「魔性の祭壇」1987年ミステリーボニータ発表

「赤い妖星」100Pはミステリーボニータ創刊号に掲載された記念すべき作品ですね。
同年、続編の「魔性の祭壇」80pが発表されました。

先年刊行された高階良子作品集では、「魔性の祭壇」にて命を落とした不憫な少年について大幅な加筆がありました。

高階先生も可哀そうなことをしたと後悔していたみたいです。

機会があったらそちらも是非ご覧ください。

ザクロは人の味がするーという鬼子母神伝説に基づくモチーフが織り込まれています。
ザクロ、よく言うけど……本当なんでしょうか…。


ああいう味なの……?

拍手[6回]