忍者ブログ

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

HN:
山野にわとり(管理人)
性別:
女性
職業:
おもにアシスタント
趣味:
特撮・洋楽・人間椅子

忍者カウンター

P R

貸し本時代

おはこんばんちは、アトリエ高階の山野にわとりです。

本日は雑用で現場入りしております。

雑用というのは例えばこれ↓。



1967年発表『すきとおった世界』の1ページです。
このころは「なかよし」「希望の友」といった雑誌の他に、若木書房という貸本屋さんのお仕事もしていた時代なのです。

貸し本スタイルというのは、いわゆる雑誌掲載とはだいぶ趣が違ったようでして(自分はさすがに直接は知りませんが)。

まず、ほぼ書下ろしスタイルであること。したがってページ数が100以上なのが普通ですね。

そして、当時はほぼトーンは使いません。アミっぽいところは、原稿に指定しておくと版下のほうでアミっぽくしてくれるというシステムです。

上の画像をよく見ると、ところどころ青くしてありますね。これが指定なわけです。

印刷の工程を経るとこうなります(すきとおった世界の掲載本が見つからなかったので別作品ですが)

このアミっぽい部分は版下での作業なんですね。
アミと言ってもいわゆる60番台ではないですね、この濃度は。
80とか81とかみたいな印象です。

あと、よく見るとトーン貼りとは違って雑です。だいぶ雑です。仕方ないんでしょうが。

昔々、石ノ森先生のサイボーグ009の初期もこういうアミ指定だった気がします。ものすごいざっくりしたアミでしたっけ。

雑誌でもやっていたのでしょうね。


でですね、現在高階原稿全データ化にいそしんでいるのですが、この時代の指定のみ残っている原稿をどうするか、ということです。

原稿には指定しか残ってないですからね。さすがにこのままではまっしろで寂しすぎます。

というわけで、雑用のひとつは原稿のデータ化及び、デジタルでアミ追加その他もろもろといったところですね。誤植も何とかしたいし。

あっ、まだ返ってきてない原稿のリスト作成もしなきゃ。いそがしいいそがしい。

拍手[9回]

PR

Comments

Comment Form