忍者ブログ

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
山野にわとり(管理人)
性別:
女性
職業:
おもにアシスタント
趣味:
特撮・洋楽・人間椅子

忍者カウンター

P R

M計画、始動。

関東は秋晴れになりましたアトリエ高階の山野にわとりです。

只今弥生美術館にて高階良子原画展示中です!
展示内容が中期に切り替わったようですから、一度ご覧になった方もお楽しみいただけます。
芸術の秋、竹久夢二の展示も素敵ですよ!

さて、山野にわとりが長らく悩んでいることの一つが
『データ保存』についてです。

個人の写真の保存もさることながら、漫画の原稿を扱っていますと、なんとかしてデータ保存しておかなければと思うわけです。

高階先生の原稿も経年劣化で黄ばんできたりしますし、昔出版社の倉庫が火事になって一部原稿に焼けこげができた事件などを思い出しても、やはりデータのバックアップはしておきたいところです。

しかし、調べてみますと実はDVDもHDDも意外と長期保存には向かないのです。
いずれのメディアもせいぜい十年と考えなければなりません。

十年たったら読み出せなくなるとか、恐ろしすぎでしょう…。
実際、にわとりが昔焼いた写真のCDは読めなくなりました。悲劇です。


そんなわけで、このデータだらけのご時世に、まともに長期保存できるものはないものかと探しておりました。


M-DISC(Millennial Disc)はMillenniata社が開発した長寿命の追記型光ディスク

耐光性、耐熱性、耐湿性に優れ、長期の読み出しが可能(「1000年持つ」と開発元は主張)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


これじゃん。

1000年はもたなくていいから!100年で御の字だから!

早速『M計画』と勝手に名付け、実現に向けて動きました。

まずはディスク、Mディスクは普通のDVDやBDよりはさすがにお高いです。
でも、厳選したデータの保存になら問題ないレベルですね。カラーボックスでも買ったと思えば。

次にハードです。Mディスク対応のドライブでないと書き込めませんので、購入します。
(読み出しは普通のドライブでOK)

意外とお手頃で外付けドライブがありました。7000円凸凹。↓




手始めに、自分の写真を整理してBDに焼いてみました。

生まれてこのかたの写真が、全部一枚のディスクの三分の一に収まってしまいました。
複雑。

しかし、これで先生の原稿データを保存するめどがつきました!やったね!M計画万歳!


……しかし、100年もつかどうかは、百年後にしかわからないんじゃないかとちょっとだけ思っています。




ミステリーボニータ表紙より
掲載月号未詳

拍手[3回]

PR

Comments

Comment Form